可愛く名前書きができるお名前スタンプ

お名前スタンプといえば、特に保育園や幼稚園に行く子どもの持ち物に名前を書くときに必要になるもの。持ち物が多くて大変な名前書きも、お名前スタンプさえあれば楽になりますよね。今回は、そんなお名前スタンプのメリットと選び方をご紹介します。

どうやって選べばいいの

お名前スタンプは、メーカーによってフォントと文字数が大きく違います。また、版自体の大きさが違ったり、横長の物もあれば正方形のものもあったり様々です。名前だけでなく、可愛いデザインが入っているものもあります。他にも、ひらがな・カタカナ・漢字・横書き縦書き・数種のサイズがセットになったものもあります。お子さんの持ち物って小さいものから大きいものまでたくさんありますから、何種類か付いているのは嬉しいですよね。後ほど紹介しますが、フォントやデザインは、お子さんと一緒に選ぶのもおすすめです。買った後にそのデザインは嫌!などと言われてはどうしようもないので、資料請求などをしてみて、カタログを一緒に見ながら、お子さんの好きなデザインを選ぶも良いかもしれませんね。

どんなフォントがおすすめか

お名前スタンプのフォントは何種類もあり、メーカーによって異なります。保育園・幼稚園といえば、ひらがなが主流ですから、丸文字だったり、少し斜めだったりと様々です。ですが、一番オススメなのは、文部科学省が推薦している「学参フォント」を使用しているものです。やっと言葉を文にすることが出来てくる幼少期には、まだ文字は書けません。ですが、保育園・幼稚園に行くと、文字に触れる回数がそれまでより圧倒的に増えるのも事実です。一番多く見るのは自分の持ち物です。そこに押すお名前スタンプには、なるべく正しい文字を使用していたいものです。変な形・バランスの文字を覚える前に、なるべく正しい文字を覚えさせてあげましょう。

服などにも押せるのか

保育園や幼稚園だと、袋などの布にお名前スタンプを押す機会も多いでしょう。そんな時に、布に押せないお名前スタンプだと困ってしまいます。ですが、布に押すことの出来るお名前スタンプは非常に多いようです。インクが内蔵されているものや、プラスチックにまで押せるものもあります。一般的なゴム印とは違い、洗っても落ちにくいものもあります。洋服やプラスチックに名前を書くのって、意外に難しいんですよね。そんな時に、さっと押せるお名前スタンプがあると、とても時短になりますし便利です。もし兄弟がいる場合は、苗字は残して下の名前を変えることが出来るものを使用したり、ローマ字も使いたい方はそれがセットになっているものを選んでみてください。